★調査旅行短信

ブータン東端のメラ・サクテン地域での日本ブータン合同植物調査旅行は、7月10日に無事に終了しました。今回の調査旅行では帰路のコースで橋が落ちたために予定を大幅に変更し、外国人が入るのは初めてというインドとの国境に近い山岳地を主な調査地としました。橋のない沢に丸太を渡し、急坂を登り切ったところで私たちを待っていたのは、グランディス(GS600)とパニクラタが群れ咲くパラダイスでした。7月18日からは四川省と甘粛省の境界地域での日中合同調査旅行が始まります。