★ブータン・ツアーの成果をアップロードしました

アルパインツアー催行の「ブータン・チョモラーリ 青いケシトレッキング」(6月26日発、14日間、同行講師:吉田外司夫)には9名の参加者があり、一人も高山病にかかることなく、予定通りのスケジュールで無事に帰国できました。肝心の高山帯では晴れ間がなくて冷たい小雨が降り続くという悪天候だったのですが、それでも新種として発表された直後のブータニカ(Group 9)や、今まで実態がよく知られていなかったポリゴノイデス(Group 3)、プリムリナ(Group 5)、ベラ(Group 5)などの小形の青いケシを見つけて撮影し、生態を詳しく観察することができました。ほかにラケモサやシンプリキフォリア、パニクラタなどの大形の青いケシも見られました。これらの成果は、括弧内に記したフォトギャラリーの各グループでご覧いただけます。