2014年6月ブータン東部メラ地区調査旅行(短信)

2014年の青いケシ研究会とブータン農林省生物多様性センター(NBC)との合同調査旅行は、ブータン東端のタシガン県で6月25日から7月10日までの16日間かけて実施されました。当初はタシガンを起点にメラ・サクテン地方を回る予定でしたが、メラからサクテンに通ずる山道で橋が崩落していたため、急遽予定を変更し、まだ外国人は誰も入っていないというメラ村の東の、インドのアルナチャル・プラデシュ州との国境に近い山岳地を主な調査地として実施されました。日本人参加者は13名で、ブータン側からNBCのハーバリウム・キュレーターであるリンチェン・ヤンゾムさんとその同僚のチョキ・ワンモさんが参加されました。この調査旅行は第11回研究会(2014年11月25日)で詳しく報告されます。日程については以下でダウンロードできます。観察された主な植物を見るには以下のサムネイル写真をクリックしてください。

2014年6月ブータン・メラ地区調査旅行日程.pdf
PDFファイル 134.7 KB

2014年7月甘粛省四川省調査旅行(短信)

2014年の青いケシ研究会と中国科学院昆明植物研究所との合同調査旅行は、甘粛省と四川省の境界付近を調査地として7月18日から31日までの14日間かけて実施されました。この調査旅行ではまず甘粛岷山の扎尕那(ザガナ)の西の山岳地を3日間かけて調査し、その後に四川省に入り、若児盖(ゾルゲ)の東の喇嘛岭(ラマリン)や黄龍寺の西の雪山梁子(シュエシャン・リャンツ)で青いケシなどの高山植物を探索しました。日本人参加者は9名で、中国側からは昨年まで昆明植物研究所に所属して現在は昆明の中国西南林学院で高山帯上部の厳しい環境に生える植物を研究する徐波(Xu Bo)さんが参加されました。この調査旅行は第12回研究会(2015年2月27日)で詳しく報告されます。日程については以下でダウンロードできます。観察されたメコノプシス属植物を見るには以下のサムネイル写真をクリックしてください。

2014年7月甘粛・四川省調査旅行日程.pdf
PDFファイル 138.6 KB