2013年ブータン調査報告

Report of the field research in Bhutan, 2013

 

青いケシ研究会とブータン生物多様性センターとの青いケシ共同調査は、ブータン最西端のハ県山岳地を対象地域として、2013年の8月21日から9月4日までの15日間かけて以下の日程とコースで実施されました。この共同調査には、ブータン側から生物多様性センター研究員のリンチェン・ヤンゾムさんとチョキ・ワンモさん、森林庁自然保護区管理官のギャルツェン・ドルジさんが参加されました。

 

★日程表

- by car, --- by walk (trekking with horses)

1. 8月21日(水):成田発10:50、NH953便 ⇒ バンコク着15:25、ホテル泊

2. 8月22日(木):バンコク発6:50、KB141便 ⇒ パロ着10:15 (2300m) - チェレ・ラ (3750m)   - ハ (2750m)、ホテル泊

3. 8月23日(金):ハ - カジェナ --- ジャナディンカ (3200m) --- ツォカム (3550m)、テント泊

4. 8月24日(土):ツォカム --- ツァブジョ・ラ (4050m) --- ツォン (4000m)、テント泊

5. 8月25日(日):ツォン --- ゴンチェ・ラ (4150m) --- チョショルンパ (4000m) --- ツェジョ・ラ (4250m) --- ツェジョ・ラ・キャンプ (4150m)、テント泊

6. 8月26日(月):ツェジョ・ラ・キャンプ --- セブル・タゴン (4050m) --- リゴナ (3900m)、テント泊

7. 8月27日(火):リゴナ --- ヤトゥ・ラ (4350m) --- ツォンサカー (4050m)、テント泊

8. 8月28日(水):ツォンサカー --- ツァブジョ・ラ --- ツォカム、テント泊

9. 8月29日(木):ツオカム --- ジャナディンカ --- カジェナ - ハ、ホテル泊

10. 8月30日(金):ハ - ティンプー (2350m)、ホテル泊

11. 8月31日(土):ティンプー - NBC (2450m) - ティンプー、ホテル泊

12. 9月1日(日):ティンプー、ホテル泊

13. 9月2日(月):ティンプー - NBC - パロ、ホテル泊

14. 9月3日(火):パロ発10:50、KB130便 ⇒ バンコク着16:50。バンコク発23:55発、NH916便 ⇒ 機内泊

15. 9月4日(水):⇒ 成田着8:15

 

この調査旅行では主目的である果実期の青いケシ(メコノプシス)のほかに、リンドウやデルフィニウム、キアナントゥス、ウメバチソウ、キク科植物など、モンスーンが長く続くためにほかのヒマラヤ地域よりはるかに豊かな秋の花を観察することができました。観察された主な植物は以下の通りです。サムネイル画像をクリックしてご覧ください。

 

Click following thumbnails to see full-sized images with identifiable data of plants observed in the field research in Haa District, westernmost Bhutan, organized by the Blue Poppy Society Japan in collaboration with National Biodiversity Center and Toorsa Strict Nature Reserve Head Office, Bhutan.