論文記事ダウンロード Articles Download

植物分类与资源学报(33巻4号)

◆中国で出版されたメコノプシス属 Meconopsis の新種論文等(吉田)のPDFファイルは、下記URL(青色)の専門誌ホームページのトップにある検索欄で[yoshida]を検索し、表示された論文リストの末尾にある[PDF]をクリックすれば、無料でダウンロードできます

http://journal.kib.ac.cn/CN/volumn/current.shtml

*Following papers can be accessed by searching [yoshida] at the top of the site and downloaded by clicking [PDF] at the end of each item free of charge.

論文内容は以下の通りです。

 

論文番号286: ウィルソニーの基準亜種 M. wilsonii subsp. wilsonii の100年ぶり再発見

Yoshida T, Sun H, Boufford DE, 2007. Meconopsis wilsonii subsp. wilsonii (Papaveraceae) Rediscovered. Acta Botanica Yunnanica (云南植物研究), 29 (3): 286-288.

 

論文番号503: 四川省冕寧県で発見されたプルケラとヘテランドラ M. pulchella, M. heterandra の発表

Yoshida T, Sun H, Boufford DE, 2010. New species of Meconopsis (Papaveraceae) from Mianning, southwestern Sichuan, China. Acta Botanica Yunnanica (云南植物研究), 32 (6): 503-507.

*Description of the new species, Meconopsis pulchella and M. heterandra.

 

論文番号409: 四川省巴朗山に生えるバランゲンシス M. balangensis およびその変種アトラータ var. atrata の発表

Yoshida T, Sun H, Bouffrod DE, 2011. New species of Meconopsis (Papaveraceae) from Balang Shan, western Sichuan, China. Plant Diversity and Resources (植物分类与资源学报), 33 (4): 409-413.

*Description of the new species, Meconopsis balangensis, and its variety, var. atrata.

 

論文番号145: 雲南省の老君山に生えるムスキコラ M. muscicola と薬山に生えるヤオシャネンシス M. yaoshanensis の発表

Yoshida T, Sun H, Bouffrod DE, 2012. New Species of Meconopsis (Papaveraceae) from Laojun

Shan and Yao Shan, Northern Yunnan, China. Plant Diversity and Resources (植物分类与资源学报), 34 (2): 145-149.

*Description of the new species, Meconopsis muscicola and M. yaoshanensis.

◆英国王立園芸協会 Royal Horticultural Society が発行する『ザ・プランツマン』の2016年9月号に掲載されたエロンガタ Meconopsis elongata の新種論文は、以下でそのPDF(ディスプレイ表示用)をダウンロードできます。このエロンガタの基準地(Type Locality)はブータン西端部に位置するハ県のツァブジョ・ラの西側(標高4100m)ですが、ハ県に近いパロ県やティンプー県にも分布します。

Meconopsis elongata
The Plantsman. 2016.Sept._lo res.jpg
JPEGファイル 651.0 KB
The Plantsman

◆英国王立園芸協会 Royal Horticultural Society が発行する『ザ・プランツマン』の2012年6月号に掲載されたブータニカ Meconopsis bhutanica の新種論文は、以下でそのPDF(ディスプレイ表示用)をダウンロードできます。このブータニカはブータンの固有種で、チョモラーリ山の南に位置するツォーフー湖の周辺の狭い地域に分布が限られます。

Meconopsis bhutanica, Plantsman 11(2).pd
PDFファイル 353.7 KB
植物研究雑誌(84巻5号)

◆雲南省碧羅雪山で発見され、日本の植物研究雑誌に発表されたカスタネアとビジャンゲンシス M. castanea, M. bijiangensis の論文(英文)については、下記のサイトで掲載号(84巻5号)の購入を申し込むことができます。 

Ohba H, Yoshida T, Sun H, 2009. Two New Species of Meconopsis (Papaveraceae) from Southern Biluo Xueshan, Yunnan, China. Journal of Japanese Botany (植物研究雑誌), 84 (5): 294-302. 

*Description of the new species, Meconopsis castanea and M. bijiangensis. 

http://www.tsumura.co.jp/kampo/plant/info/index.html

The issue including this paper can be purchased at the above site. Anyone who wants a copy of the paper can inquire here

この論文のコピーをご希望の方は、吉田までお問い合わせください。

雲南省青いケシ新種発見記(PDF版)

◆『山と渓谷』誌の2010年2月号から7月号まで連載された「Quest for Meconopsis 雲南省青いケシ新種発見記」(写真と文:吉田外司夫)のPDF版(電子書籍ダウンロード)が、インプレスダイレクトの下記サイトで購入できるようになりました。

販売価格は税込みで525円。メコノプシス属のカスタネアやビジャンゲンシス、エクシリス、コンプタ、インペディタ、ウィルソニーなどについて、新種発見や現地調査の経緯がPDF用に再録された鮮明な写真付きで書かれています。

http://direct.ips.co.jp/book/Template/Goods/go_contentyamakei.cfm?GM_ID=YKD000152&SPM_ID=1151&CM_ID=004400607&PM_No=&PM_Class=&HN_NO=00440 

Newsletter of Himalayan Botany

◆ヒマラヤ植物研究会が発行する Newsletter of Himalayan Botany に連載された 'Geobotany of the Himalaya' (ヒマラヤの植物地理)は、以下でページごとのスキャンによるPDFファイルをダウンロードできます。

Yoshida, T. 2006. Geobotany of the Himalaya. Newsletter of Himalayan Botany, No.37 p.1-24, No.38 p.1-30. The Society of Himalayan botany, Tokyo.

 

*The article can be downloaded here free of charge.

Geobotany of the Himalaya, part 1.pdf
PDFファイル 3.7 MB
Geobotany of the Himalaya, part 2.pdf
PDFファイル 4.9 MB
Quest for Meconopsis, Talk 1

◆Quest for Meconopsis, Talk 1 & Talk 2, 8 May 2010 at Edinburgh

2010年5月8日にエジンバラ王立植物園で行われたメコノプシス・グループ主催の講演の要旨を以下でダウンロードできます。講演のタイトルは、午前の第1部(Talk 1)が 'Quest for Meconopsis in Yunnan, 2006-2009', 午後の第2部(Talk 2)が 'Quest for Meconopsis in Sichuan, 2009'。

Talk 1 Toshio Yoshida May 8th 2010.doc
Microsoft Word 46.5 KB
Talk 2 Toshio Yoshida May 8th 2010.doc
Microsoft Word 49.5 KB
Endemism in Sino-Himalayan Alpines

◆Endemism in Sino-Himalayan Alpine, summary of a talk in Eighth International Rock Garden Conference 2011 at Nottingham.

2011年4月にイギリスのノッティンガムで開かれた第8回国際ロックガーデン会議での講演(シノヒマラヤ高山植物の固有性)の要旨を、以下でダウンロードできます。この原稿にカラー写真21点を加えたものが、The Alpine Gardener vol.79 (1) 181-190 に掲載されています。

 

Endemism in Sino-Himalayan Alpines.doc
Microsoft Word 130.0 KB

◆2010年11月27日に大阪国際会議場で開かれた第25回園芸セミナー(園芸研究会主催)での講演「植物のミカタ~ファインダーを通して知る植物の魅力~」の録音記録を以下でダウンロードできます。内容は上記の第8回国際ロックガーデン会議での講演(シノヒマラヤ高山植物の固有性)とほぼ同じですが、植物の撮影に関することが付け加えられています。

第25回園芸セミナー講演録.doc
Microsoft Word 150.5 KB
ヒマラヤ植物大図鑑 Himalayan Plants Illustrated

◆Updated alphabetical photo-data of Himalayan Plants Illustrated with revised plant names and comments colored red can be downloaded below.

アップデートされた『ヒマラヤ植物大図鑑』の写真データ(すべての植物写真のアルファベット表記による学名や撮影地など)を以下でダウンロードできます。2005年の出版後の研究や新論文で明らかになった修正点や新知見が、赤字で加えられています。カタカナ表記ではなくて世界的に通用するアルファベット表記の地名も、この写真データで知ることができます。

Revised photo-data of Himalayan Plants Illustrated (2 May 2012)
Himalayan Plants Illustrated.xls
Microsoft Excel 4.0 MB

*『ヒマラヤ植物大図鑑』はプリントショップのページで購入できます。

TAXON

◆シノヒマラヤ以外の地域に分布する唯一のメコノプシスとされてきた西ヨーロッパ産のメコノプシス・カンブリカ Meconopsis cambrica が、グレイ・ウィルソンが書いた以下の論文でメコノプシス属からケシ属に戻され、リンネが名付けたパパヴェル・カンブリクム Papaver cambricum という古い種名が復活することになりました。

Grey-Wilson C, 2012. Proposal to conserve the name Meconopsis (Papaveraceae) with a conserved type. Taxon 61 (2) : 473–474.

植物分類の命名に関する専門誌である「TAXON」に掲載されたこの論文は、下記サイトで論文番号2061のタイトルをクリックし、現れた画面で「PDF」をクリックすれば、無料でダウンロードできます。

http://www.ingentaconnect.com/content/iapt/tax/latest